深川伊勢屋の桜道明寺とずんだ団子

おろしもち



自宅から届いた辛味大根で、おろしもち。福井の餅は格別!

にしても、おろしのあまりの辛さに、ふたつめは、磯辺焼きにしました。

雑煮 福井県の実家では



我が家の雑煮は、全国の雑煮の中でも一番シンプルな気がする。

作り方
鍋底に大きめの昆布を敷く→丸餅を醤油で煮る→
お椀に持って花かつおをたっぷりかける。

物足りないとお思いでしょうが、福井で手に入る素材のおいしさが
活きた、大好物の雑煮です。みかんはお正月のおともです。

餅代



昨日もらったおこづかいは、花園神社のお酉さまにて、
餅になりました。2パック。
「ごま」にさらにきな粉をかけて。

餅を発明した人に勲章をあげたい。

ボロ市

Image624.jpg

ぴったし日本人サイズの、かわいい電車・世田谷線に乗りまして
「世田谷ボロ市」に行ってきました。
あるある、なんでもかんでも。骨董、がらくた、植木、着物、神棚、物産…
お目当ては、「代官餅」!その場で蒸して杵でついていました。

大根おろし、一味、のり、ネギの入った「辛味」と
黄色い粉がパックにぎっしり「きな粉」。1パック3人前はあろうかというボリューム。

それから、七味唐辛子。 
Image627.jpg

こちらのお店は赤唐辛子・陳皮・麻の実・黒胡麻・青海苔・芥子の実・山椒の組み合わせのようです。
「山椒多めで!」と注文すると調合してくれました。やったぁ!
お豆腐にかけて食べるのが愉しみです。

たっぷり



「道明寺粉」とやらを初めて使いました。
びっくりするほど簡単におはぎ! しかも大量に。
お弁当箱に敷き詰めて、四角く取り分けるスピード料理。

遠野



母ちゃんたちの餅たくさん、直売所にて。
くるみ、みそ、あんこ、黒砂糖、ごまなどを
いろいろな餅に合わせて作ってあります。

静岡



浜名湖PAにて購入。
きな粉とあんこのおチビさんが 三つずつ。
パケに「安倍川もち」の由来が書いてある。

夏の食べ物です

福井では、冬は水ようかん、夏はあべ川餅と決まっとります。



「あべ川、つけとっけぇー。200円分ここで食べて、500円分持って帰るわー」
とお願いしますと、ばあちゃんが早速作ってくれます。



田舎の味がします。すんげぇうまい。
きなこで見えんけど、三角餅。



福井市西木田「莇生田餅店」。

しんげんもち



ちっこい風呂敷がかわいい、山梨の銘菓「信玄餅」
これみると、「人のセックスを笑うな」を思い出すなあ。
一緒に食べようと持ち帰る、その心持ちがうれしいんだなあ。
やっぱり、きなこと黒蜜のコンビは最強だあ。もちはいいなあ。